肌ケア情報

メンズ化粧水は手とコットンどっちで塗るのが効果的?

更新日:

メンズ化粧水は手とコットンどっちで塗るのが正解?

メンズ化粧水を手で塗ってもよいのか、それともわざわざコットンを買ってきて使うべきか迷っていませんか?

世の中の声に耳を傾けてみると、「手でつけるべき」「いやいやコットンを使ったほうが絶対にいい」といろんな意見があって迷うかもしれません。

手・コットンで意見が分かれるのは当然。

それぞれメリット・デメリットがあるからです。

ただ、その違いを知れば化粧水を使うときに、どちらを使えばよいか迷わなくなります!

▼2018年おすすめメンズ化粧水ランキング メンズ 化粧水 ランキング 敏感肌・乾燥肌・オイリー改善化粧水が見つかる!

手とコットン、どちらにもメリット・デメリットがある

手とコットン、どちらにもメリット・デメリットがある

最初に断っておくとメンズ化粧水を塗る際の方法として、手だけの場合、コットンを使う場合がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

どんな場合においても100%確実にどちらがいいという絶対的な正解はありません

大事なのは、メリット・デメリットを知り、自分にあった方、シーンにあった方をえらべるようになることです。

コットンで化粧水を塗るメリット

コットンは100枚程度入った製品が数百円で購入できるものの、どうせ買うならそれなりのメリットが欲しいものですね。

ここではまずコットンを使うメリットについて解説します。

具体的には以下の通り。

  • 効率よく化粧水を塗れる
  • ムラなく塗りやすい
  • 化粧水が温まらなくてすむ
  • 化粧水を顔以外の部位にも使いまわししやすい
  • 手を使うより衛生的

以下、1つずつくわしく解説しますね。

手で塗るのが慣れていないなら、効率よく化粧水を塗れる

慣れていない人が手で化粧水を塗ろうとすると、手からこぼれてしまうことがあります。

一方、コットンは化粧水を染み込ませて使うのでこぼれる心配がありません。

また手を使うときは、必要以上に手に化粧水を出してしまうといったことはありませんか?

コットンなら使う量を調整しやすいので、特に高い化粧水なら大事に少しずつ使えて助かるでしょう。

ムラなく塗りやすい

手から化粧水がこぼれることを意識する必要がないので、その分、ゆっくりと満遍なく顔全体に塗りやすくなります。

たとえば鼻の周りなど急いで化粧水を塗ろうとすると見落としがちな細かい部分にも塗りやすくなります。

化粧水が温まらなくてすむ

手を使うことでどうしても手の温度で化粧水が温まってしまいます。

より温度が低い状態で使ったほうが、さっぱりした感覚をえることができますし、毛穴が引き締まりやすくなるのがメリットです。

特にメンズ化粧水は、メンソールなどを配合し使うとさっぱりしてリフレッシュした気分になれるタイプが多いので、より温度が低いほうがその効果も高まります。

化粧水を顔以外の部位にも使いまわししやすい

コットンパックをご存知ですか?

コットンに化粧水などを染み込ませて気になる部分にはることで、成分を肌の奥までゆっくり浸透させることができる方法です。

顔以外にもアゴや肘・膝など、乾燥している箇所に使えば保湿をすることができます。

顔に使ったコットンをそのまま、身体の他の部位に貼って使いまわすのもおすすめです。

手を使うより衛生的

手で化粧水をつけると、手の雑菌がついてしまい不衛生なことがあります。

その点、化粧水をつけるごとに新しいコットンを使えばより清潔で安心です。

雑菌が身体に入ってしまうのを防ぐことができます。

コットンで化粧水を塗るデメリット

せっかくコットンを購入して化粧水をつけるのに使っても、手でつけるのと比較した場合のデメリットもあります。

具体的なデメリットとして以下があげられます。

  • コットンによっては肌が荒れる可能性がある
  • コットン代がかかってしまう
  • 肌の状態が確認しにくい

1つずつ解説します。

コットンによっては肌が荒れる可能性がある

コットンは一見ふわふわとして柔らかく肌に優しいように見えますが、ケバケバがあれば、それだけで肌への刺激になることがあります。

また仮に素材がよくてケバケバがなくても、肌とは異なる素材なので、手でつけるのと比べてしまうと刺激になってしまうのは否めません。

特に敏感肌やアトピー・アレルギー持ちの方は注意が必要です。

コットン代がかかってしまう

これは言うまでもありませんね。

仮に安価な商品を購入したとしても、手でつければ無料なので、その分、お金がかかってしまうのはかわりません。

肌の状態が確認しにくい

手で化粧水をつければ、手に伝わる感覚で肌の状態が、肌に化粧水を塗るたびに確認できます。

その点、コットンを使ってしまうと、肌の状態が確認しにくくなってしまいます。

手で化粧水を塗るメリット

手軽にすんでしまう分、「手よりコットンを使った方がいいんじゃないか」と考えている人もいるかもしれませんね。

ただ、実際にはコットンと比べて手を使った方がよいメリットはいっぱいあります。

具体的には以下の通りです。

  • 肌に優しい
  • 手の感覚で肌の状態をチェックできる
  • 化粧水が浸透しやすくなる
  • お金がかからない
  • うまく使えば、コットンより無駄がない

1つずつ説明していきましょう。

肌に優しい

コットンはいくらふわふわしているとはいえ、ケバ立ってしまうとそれが肌への強い刺激になることがあります。

またケバケバがない高級なコットンだとしても、肌とは違う素材のコットンより手で塗る方が肌には優しくダメージにはなりません。

特に敏感肌の方などには手で塗るのがおすすめです。

手の感覚で肌の状態をチェックできる

手で肌を触れることによって、たとえば「乾燥しすぎてるな」とか「皮脂が多く出過ぎている」とか常に肌の状態を細かくチェックすることができます。

特にスキンケアにこだわる方は、化粧水を塗るたびに肌の状態を確認できれば、その対策をしやすくなるのでおすすめです。

化粧水が浸透しやすくなる

手の体温によって、肌も温められます。

また手の温度で化粧水も温められるので、化粧水に入っている美容分が肌に浸透しやすくなります。

特に美容成分が多く含まれた高価な化粧水なら、その効果を最大限引き出すためにも手で塗るのがおすすめです。

お金がかからない

当然ですが、コットンを買わないでよい分、手で塗ったほうが経済的で財布への負担にはなりません。

うまく使えば、コットンより無駄がない

手で化粧水を塗ろうとすると、必要以上に手に出してしまったり手からこぼれてしまったりして無駄になりやすい、というのは上で書いた通りです。

けれど手に出す適量を覚えてこぼさないようにうまく使えるのであれば、逆に手の方が無駄はなくなります。

なぜならコットンでは、吸収された化粧水がどうしても少しは残ってしまい無駄になるからです。

手で化粧水を塗るデメリット

一方で、手で化粧水を塗るときに気を付けなくてはならないデメリットもあります。

具体的には以下の通りです。

  • 手の雑菌がついてしまうことがある
  • うまく塗らないとムラになりやすい
  • 手からこぼれてしまうと無駄になる
  • 一部の化粧水には不向き

1つずつ説明します。

手の雑菌がついてしまうことがある

手が不潔な状態で化粧水を塗れば、それが肌へのダメージとなって肌荒れなどを起こすことになってしまいます。

手を使って化粧水を塗るときは、あらかじめ手を洗っておくなど清潔な状態で行うようにしましょう。

うまく塗らないとムラになりやすい

慣れてコツさえつかめば、小鼻など細かい部分にもムラなく塗れるようになります。

逆に慣れていないなら、コットンの方がムラなく塗れます。

手からこぼれてしまうと無駄になる

コットンと違って、手に化粧水を出すとこぼれてしまい、その分無駄になってしまうことがあります。

化粧水を塗るのに慣れていないうちは、少しずつ出すなどして、できるだけ無駄にならないようにしましょう。

一部のタイプの化粧水には不向き

毛穴の引き締め効果がある収れん化粧水は、手で温まるとその効果が少なくなってしまいます。

また肌の汚れや角質を拭き取るのが目的の拭き取り化粧水は、コットンでしっかり塗った方がその目的をはたせます。

これらのタイプの化粧水は、手で塗るのは適していません。

結局、手とコットンどちらを使うべき?

手とコットン、それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。

それでは、それを踏まえて「結局どちらを使うべきか」ですが、人や使う化粧水などによるというのが結論です。

たとえば敏感肌の方は、手を使った方が肌への刺激が少ないのでおすすめです。

また出来るだけお金を節約したい方も、手を使った方がよいでしょう。

ただその際は、手から化粧水をこぼしてしまったり、塗りムラがでたりしないように注意するようにしましょう。

また肌へ美容成分を浸透させたいときにも、手を使う方が適しています。

一方、収れん化粧水・拭き取り化粧水を使う際は、コットンの方が適切です。

人によってはコットンの方が肌へ塗りやすいということもあるでしょう。

このように、手・コットンそれぞれを使った場合が異なるので、ここで説明したメリット・デメリットを覚えておき、シーンにあわせて使い分けるようにしてください。

まとめ

  • コットンで化粧水を塗るときは、効率的に化粧水を塗れるなどのメリットがある
  • 手を使う場合と比べてコットンの方が肌への刺激が強く肌荒れになる可能性があるなどのデメリットがある
  • 手で化粧水を塗ると、肌に優しかったり化粧水が浸透しやすかったりなどのメリットがある
  • 逆に手で塗るのが合わないタイプの化粧水があるなどのデメリットもある
  • シーンに合わせて、手とコットンどちらかを使い分けるべき

化粧水を塗るのにコットンと手のどちらを使うべきか、それぞれメリットとデメリットがあるので一概には言えません。

そのために「コットンを使った方がよい」「いやいや手だ」といろんな意見が世の中にはあるわけです。

ただ、きちんとそれぞれのメリット・デメリットをおさえれば、シーンにあわせて正しい方法がえらべるようになります。

@MOTE肌ランキングで総合順位TOP3の人気メンズ化粧水を徹底比較!

商品名 バルクオム(BULK HOMME) BULK HOMME アクアモイス アクアモイス シルバーエッセンス シルバーエッセンス
値段 3,000円
(税抜)
評価-○
4,666円
(税込)
評価-○
2,400円
(税抜)
評価-◎
容量 200ml評価-◎ 50ml評価-△ 100ml評価-○
使用感 サッパリ サッパリ しっとり
タイプ 化粧水 化粧水 オールインワン
肌改善 オイリー肌
乾燥肌
混合肌
敏感肌
オイリー肌
敏感肌
敏感肌
ニキビ
乾燥肌
混合肌
おすすめ年代 10代~40代 20代~30代 30代~40代
総合評価 評価-S公式ページCHECK♪ 評価-B公式ページCHECK♪ 評価-A公式ページCHECK♪

-肌ケア情報

Copyright© メンズ化粧水ランキング2018&正しいスキンケアでモテ肌育成@MOTE肌 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.